カテゴリー ‘新着情報’の記事

公示価格下落

2021-04-12

6年ぶりに公示価格が下落しました。

土地の価格が下がった現在、マイホームを購入した方が良いかどうか相談があります。

住宅ローン控除も10年から13年に延伸され、低金利の今はタイミング的に良いと思われます。

ただ、各ご家庭のライフプランを考えて返済ができるのか?教育資金等必要な資金へ充てる事も検討しなければいけません。

土地が安いから買おうではなく他に必要な費用はないか?等天秤にかけて検討することをお勧めします。

フラット35 4月金利

2021-04-04

4月度の金利が発表されました。

物件管理

2021-03-07

このたび、幣事務所では空き家、空地などの管理業務を開始いたしました。

建物は、人が住まうものなので、空気の入れ替えや、手入れをしなければ

すぐ傷んでしまします。

親の家、土地を相続したが遠方で管理できないなどで

お困りの方は一度ご相談ください。

又売りたい、貸したい等のご相談も兵庫県下の不動産会社とも

連携いたしますのでよろしくお願いいたします。

フラット35、3月金利

2021-03-03

融資率9割以下・・・1.26%(返済期間15~20年)

融資率9割以下・・・1.35%(返済期間21~35年)

融資率9割超・・・1.52%(返済期間15~20年)

融資率9割超・・・1.61%(返済期間21~35年)

火災保険の利用の広告

2021-02-14

最近インスタグラムやlineの広告に10年以上所有している持ち家の方は、○○万以上保険金が下りますと甘い内容のの広告をよく目にします。

火災保険の申請は色々大変の為、業者が査定し、数百万請求できますと言っても、蓋を開ければ数十万、数万しかでず、手続きの半分を搾取されたり、キャンセルすると違約金を取れれるケースがでており、こういった詐欺まがいの行為が10年前の25倍に増えているらしいです。

業者に騙され詐欺の片棒を担ぐ事にもなりかねますので、最近での災害でお金のかかることもありますが、良く確認し気を付けるようお願いいたします。

2月のフラット35金利

2021-02-07

2月度金利1.23%

融資率、返済期間によっては利率が変更いたしますので

ご確認ください。

住宅ローン借り換えポイント

2021-01-24

住宅ローンで借り換えメリットがあるポイント

1.1.5%以上の金利で借りている方。

2.平成26年以前より前に借りれている。

該当する方は一度けとうしてみてはいかがですか。

付加年金

2017-12-13

「付加年金」、「学生納付特例制度」という制度があります。

20歳になった学生は、国民年金の第一号被保険者になるので支払い義務

が発生しますが、親が支払ってあげる場合には、一年分の支払いは

所得税控除の対象になるので年末調整で税金を取り戻すことができます。

「自営業」「学生」「フリーター」の方です。

平成29年4月からの国民年金保険料は、1か月16,490円ですが、

この保険料に加え、毎月400円をプラスして支払います。

65歳以降付加年金額は、200円×納付月数が、

老齢基礎年金に加算されて終身で「付加年金」を受給できますが

第一号被保険者の方で、「国民年金基金」に加入をしている場合には加入が認められません。

「付加年金」を10年間納めた場合をみてみましょう。

収めた付加保険料は400円×12ヶ月×10年(120ヶ月)=48,000円

65歳から受け取れる金額は、200円×10年(120ヶ月)=24,000円

そしてこの金額が生きている限り受け取れます。

自分が支払った年金額は2年で元が取れ、その後は長生きするほど、受取る年金が増えます。

保険見直し時期

2017-03-20

2017年4月からマイナス金利の影響により、保険料の値上がりや販売停止

となる商品がでてきており、長寿化により、定期保険や収入保障保険が値下がりなるとの事ですが

医療保険や介護保険は値上がりになるものとされております。

4月までに見直しや新規介入するのが良いタイミングだと思います。

マイナス金利

2016-03-05

日本銀行がマイナス金利を導入し、私が取次させていただいているハウスデポパートナーズの金利もかなり下がっています。
hdp-graph-201603

マイナス金利になって住宅ローンなど抱えている方は借り換え等で毎月の支払、総返済額が減る可能性がありますが、ATM使用料、口座維持管理用、振り込み手数料、保険料などが値上げになってくるのではないでしょうか。

« Older Entries
お問い合わせはこちらから